2017年第一回英検2次詳細。

f:id:coco-studies:20170719180723p:plain


やっぱりだらだら話すだけじゃ満点はもらえないんですね。

熱中症の危険を感じながら四ツ谷駅まで歩いて自分のパフォーマンスを振り返ります。
8/9/8/8の合計33点を予想します。
それでも対策一切しなかったので充分な成績だと。

9/10/10/10という結果は面接官との相性を反映してのことでしょう。
私が緊張しなかったから、正確には、面接官を怖がらなかったから、自然なやり取りができて、それが良い印象を残したのかもしれないです。
緊張してしまうのが私の課題でした。
そこで「私のスピーチ聞けるなんて、ラッキーなyouたち」な態度で臨むことに。
結果緊張しなくて済んだので、これはストラテジーとしては有効かもしれません。

文法はいくつか誤ったのを覚えているし、言い淀んだ場面もあり、語彙ももっと適当な言葉があったな、って後で思いつきました。
Hindsight is always 20/20.
だから余計に今回のスコアは、甘いなーと思ってしまう。

これで英検1級満点合格まで1点というところまで来ました。
ここから先は、恐らくこれまでよりもずっと長い学習が待っていることでしょう。
でも、この一点を埋めるための学習を続けます。
一生埋められないかもしれない一点ですが、でも、埋められないと決まっている訳ではない。
埋められるという可能性があるなら、学習は続けていきます。
あ、今後英検を受験するかはわかりません。
Metaphorically speaking、です。

継続学習は私に自信を与えてくれる。
ニューヨークで味わった無力感はもう二度と味わいたくない。
自分の英語に自信を持って、誰かの役に立てるような、そんな英語の使い方、もっと広義に、そんな生き方がしたい、それが当面の目標です。