2017年第一回英検2次速報。

f:id:coco-studies:20170718175311p:plain


合格しました。
おじさん、3200点取ったよー
生前にこの約束を果たせなかったことだけが心残りです。
でも、「Cocoちゃん、やったなー」
って、私がまだ子供だった時から変わらない呼び方で褒めてくれるおじさんの声が聞こえるようです。
おじさんとのLINEのやり取りはまだ消せないまま、特にこんな日はうっかり連絡しそうになります。

f:id:coco-studies:20170718175350p:plain

1次の結果も2550点です。
当然と言えば当然なんだけど、しばらく前に会った人に不合格じゃなくて、受験見送りで次の2次受験すると、1次の結果は、1次通過最低スコアにされるって嘘つかれたの。
今回1次通過を最低スコアにされたら、3200点目指せるのは秋しか残されていないじゃん、私は冬はマラソンに専念するので、と焦らされました。
善意で私に教えてくれたのかもしれないけど、結果としては事実じゃなかった情報。
迷惑だわ。

1次と2次で合計で初の3200点超え。
今年の抱負、また一つだん。
2次は暗記しない、対策しない、と決めて、そしてこんな形で終えることができたのは嬉しいです。
ちまちまと数ヶ月対策して得た点数よりも、これまでの30年全ての勉強を評価してもらえた点数って気がして、本当に嬉しい。

スピーチ、とは言うけど、自分が信じていることを一貫性を持って丁寧に相手に伝えれば、「型」に拘り過ぎなくても大丈夫なことはわかりました。

今回はトピックに助けられたのも事実です。
自分が普段考えていることを、相手にわかってもらいたい、そんな思いで言葉にしました。
2分経ってもまだ話の途中で結論もないまま。
もっと評価低いと覚悟していました。
でも、スピーチの途中、面接官が"wow"と2回くらい口にしていて、その時点で合格は確信してはいたけど、まさかこんなCSEをもらえるなんて。
ありがとうございます。

多分もう会うことはない面接官、私のあの日のパフォーマンスがこのCSEに値するとは到底思っていませんが、でも、試験という環境で、緊張とか不安とか、そういったパフォーマンスを低くする可能性がある要因を全て排除し、普段の私だったら、と、私のポテンシャルを信じて評価していただけたスコアなのだと肝に銘じ、これからはいつでもこのスコアに相応しいパフォーマンスができるよう学習を続けます。