名古屋ウィメンズマラソンだん。

無事に2度目のフルマラソン完走しました。

f:id:coco-studies:20170328175214j:plain


今更…なんですが、もしかして完走できなかった?と心配してくれる人もいて、そうだった、完走報告してなかった、と思い出したのです。



去年は、天地が入れ替わったような思いをし、実際「私フルマラソン完走したことあるから」って無敵になったような気持ちになりましたが、今年は翌日から通常運転、筋肉痛が辛い程度です。



オットと息子の名古屋遠征もなし。


東京の自宅で、私のiPhoneの位置情報を頼りに、私が順調に前に進んでいたことを確認していたらしい。




金曜夜、名古屋に向けて出発です。




f:id:coco-studies:20170328175252j:plain


今年も姉と友人と3人での参加。
去年リタイアした友人のゴールを見届けないと、と、姉も私も去年より緊張しています。


どう接したら良いのだろう。


去年完走できたから、ってアドバイスするの?


完走できるかわからないと不安がっている人に、一度完走した私は、私もだよ、って言うの?事実、完走できるか不安でも?


ティファニーのデザイン発表されて、あれ目指して頑張ろうね、って言って良いの?私は既に一つ持っているのに。




今年は3人のスタートブロックがばらばら。
手荷物預かりを済ませ、それぞれのブロックに向かいます。


後で連絡するね、って曖昧な言葉を交わして。


どうとでも取れる、便利な言葉。


私はセンターステージ前のJ。


国歌独唱渡辺美里さんもよく見えます。


中学の時よく聞いていたなー。




f:id:coco-studies:20170328175356j:plain


そして、9:10スタート。


始まってしまえば、苦しくても、楽に走っても、とにかく終わらせるだけ。


案外anticlimactic、って冷静に考えていたのを思い出します。


あんなに走って、あんなに筋トレして。


全部この数時間のため。


もう終わり。全部終わり。



結果。




f:id:coco-studies:20170328175421p:plain


去年よりは30分弱早くなったけど、相変わらず遅い。


どこで間違えたかなー、20キロまでは調子良かったんだけどなー。
シティマラソンのランナーがゴールする21キロ地点、まだ半分かー、と気持ちが負けてしまって、そこからは、そこまで私を突き動かした何かを失ってしまった。





途中、どこだったかな、小さなチアリーダーズがいて、彼女たちの「拳をあげてgo, go, go」に、疲れた女性ランナー達が右拳をあげて応える様子に、何だかとても胸を打たれ、泣きそうになりながら走っていました。




だって、疲れた、もう歩きたい、走りたくない、そう思っているランナーが、本当なら使いたくないエネルギーを使って応援に応える、こんなロジカルでない行動はどう説明するのだろう。


一体何が私たちを動しているのか。




私のように英語しかできなくて、定年まで今の仕事はあるのだろうか、もしかして人工知能に仕事を奪われるかもしれない、そんなことを漠然と考えていた名古屋出発直前の金曜定例会議。


もやもやしていたのです。


利害の一致しない他部所との会議、並行線を辿るだけの話し合い、この仕事続けていけるのだろうか、珍しく悲観的になっていました。


所詮ただの社員、できることは限られているし、期待に応えられないことも多い。 


私を責めたい気持ちもよくわかる、私だって逆の立場なら同じように「何とかして」って訴えてる。



ともすればその会議のことを思い出してばかりの今回の名古屋遠征、それが小さなチアリーダーズの「拳をあげてgo, go, go」に救われることになるとは。


いつか人工知能台頭の時代が本当に来て、でも、もしかしたら、人工知能ではどうしても解決できない人間の思いや感情、即ちロジカルではない、人間らしさ、があって、私はそこに活路を見出すことができるんじゃないか、脱水と疲労、朦朧とした頭で考えていました。


できることを一つ一つ探して、こなしていこう。


諦めることを一度やめてみよう。




姉も友人も無事ゴール。


これでようやく3人での名古屋ウィメンズマラソンを終われます。


私はこれからも毎年エントリーする予定です。


始まりから終わりまでがお祭りのような、42.195キロという距離では測れないこのマラソンが好きです。


オットが一度応援に来て、コースを把握しているのを助かる。


手元でLINEを確認してできるガーミン宛にオットから励ましメッセージが届きます。

f:id:coco-studies:20170328175456p:plain



くすくす笑いながら走る、記録なんか要らないから、いつまでもこうやって走れたら良いなー