読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリスマスだん。

日本人てクリスマス好きだよねー

世界中の人が七五三始めたら、日本文化を軽業ているとかきっと言うくせにねー


と、このextremely commercializedな日を楽しむ人々を見下して生きて来ましたが、息子が生まれてからと言うもの、息子が保育園、学校、学童で過ごし辛くないよう、「日本のクリスマス」に参加することにしました。

日本限定のお祭りと割り切り、蔑むことなくこの師走を乗り切りましょう。

いや、この時ばかり、と、女性が男性にプレゼントをねだるのが許容、推奨されたり、大人が子供をコントロールするのにサンタを利用したり、クリスマスは嫌いですよ、相変わらず。


今年は息子の終業式直後の三連休ということもあり、私の実家がある静岡で盛大に祝います。

経過観察で転移がなかったbreast cancer survivor の母の体調が良くなっていること、夏前に心筋梗塞で入院した兄がすっかり回復したこともあり、久しぶりに静岡で一泊しました。


兄のこと、さらーっと書いてしまいましたが、突然胸をかきむしりながら倒れ、そのまま救急車で搬送、入院、手術。

今元気で生きていることは、救急隊員の判断と、医師の治療のおかげ、感謝しきれません。

40代の不摂生とストレスのdeathly combo。

よく食べ、よく走り、よく寝て、よく笑おう。


静岡ではイルミネーションを見て

f:id:coco-studies:20161227192223j:plain

富士山が良く見える場所に宿を取り

f:id:coco-studies:20161227192252j:plain

みんなでお寿司をいただきます。

f:id:coco-studies:20161227192342j:plain

桜海老ーー

生しらすーー

好き♡


兄が買ってくれたケーキを食べ、

おばあちゃんと従兄弟のお墓まいりをして、

姪と息子がWii Uをするのを眺め、

ただただのんびり過ごします。

母にblytheの洋服作ってもらう約束もして来ました。

三体分。

f:id:coco-studies:20161227192418j:plain

私好みの服にしてもらうんだー。

あぁ、なんて幸せな時間。

いつか私はこの二日間を懐かしく思い出す日が来るのでしょう。

Mortality is inevitable but it is scary nonetheless.


家に戻ったら、息子のクリスマスの準備です。

サンタへの労いみかんを準備。

f:id:coco-studies:20161227192437j:plain

配達で疲れちゃうからね。

お水飲んで、みかん食べて、元気になって配達続けてもらわないと。

息子が寝るのを待ち、みかんを食べ、水を飲み、プレゼントを並べます。

本当はクッキーと牛乳を用意するらしいですが、私は牛乳飲まないし、こんな遅い時間にクッキー食べたくないし、我が家は毎年みかんです。

今年はオットへのプレゼントも内緒で用意していたので、オットより先に眠るわけにはいかないと必死で目を開けてオットが寝入るのを待ちます。

f:id:coco-studies:20161227192457j:plain


あ、この息子へのプレゼントの後ろに私が自分で、自分のために用意したプレゼントもあります。

だってー25日の朝、オットと息子がプレゼント開けるの見てるだけじゃ、つまらないじゃないー。

ランニンググッズ買いました。


オットへのプレゼントは3つ。

簡単!毎日使える!スキレットの本 (エイムック 3121 ei cooking)

簡単!毎日使える!スキレットの本 (エイムック 3121 ei cooking)

めぐりズム 蒸気でアイマスク気分ほぐしてシャキ 14枚入

めぐりズム 蒸気でアイマスク気分ほぐしてシャキ 14枚入


そしてmisfit ray。


私はfitbitを使っていますが、オットにはmisfit rayの一択です。

だってね、LINEの通知を受け取れるんですよ、手首で。

ということは、「今日残業になりそう。お迎え行ける?」がいつまでも既読にならない、17:15のストレスから解放されるんですよ。

オットへの連絡が既読になる、priceless。

もはや私へのクリスマスプレゼントですね☆

手首に「ぶぶぶ」って来るんだって。

misfit rayありがとうーー

f:id:coco-studies:20161227192639p:plain

あ、レシピ本を受け取るオットはものすごく複雑そうな表情でした。

違うの、違うの。

これはレシピ本ではなく、「メニュー」です。

私がこの本に載っている料理どれでも作ります、っていう「メニュー」なんです。