読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有給ランだん。

通夜と告別式が終わり、ようやく言葉にできるようになりました。

大好きだった叔父が他界しました。

余命2ヶ月と宣告されてからも貪欲に生き、10ヶ月生きてくれました。

その間、韓国、そしてベトナムにも行ったらしいです。

さすが。bigger than life itselfな生き方。

春先に入院先を訪れてから、翻訳を頼まれるようになり、メール、Lineで繰り返したやり取り。

消さないで取っておきます。


叔父のこと、英語学習を始めたきっかけ、きちんと残してあって良かった。

まだまだずっと生きてくれると思っていた夏休みの頃です。


http://coco-studies.hatenablog.com/entry/2016/08/03/125638


しばらく悲しくて泣いて過ごしましたが、これではいつも「すごいね、すごいね、英語頑張ったね。マラソンも頑張ったね」って言ってくれた叔父に呆れられてしまう、と、有給取得して2時間のLSD、そして英語。

こんな風に生きている私だから、叔父は私をかわいがってくれたんだと。


f:id:coco-studies:20161222185631p:plain


目標の2時間にちょうど。

こういう所が、私が伸びない原因なんだと思う。


来年の受験計画も立ててしまいましょう。

TOEIC  (頻繁に)

・英検 (夏と秋)

国連英検

・通訳案内士?

相変わらず冬はマラソンに専念の予定です。

英検で3200点取ることは叔父と約束したので、それが実現できたら墓前に報告に行きます。

満点はね、さすがに無理だと思うの。

叔父は期待していたみたいだけど。


叔父へのメッセージ、いつも同じ言葉で結んでいました。


I will always study English and I will always do right by you.

これからもずっと英語勉強するね。これからもずっと正しく生きるよ。


「Do right by you」、叔父の名前の漢字にかけて、いつも使っていた表現です。

告別式、叔父への手紙にもやはり書いておいたら、「何て意味なの」と伯母たちに聞かれました。

普段は英語でのやり取りは、叔父と私だけの内緒話ですが、年の離れたかわいい弟を失ったばかりの伯母、そして私の母に説明します。

「正しく生きる」は意訳だから、と、検索します。


f:id:coco-studies:20161222190644p:plain


違う。

全然違う。