Podcastランだん。

走る時のお供はSony b-trainerです。
http://smartsports.sony.net/b-trainer/product/1G/JP/ja/

簡単に言うと、GPS付きの音楽プレーヤー、なんですが、うーん、本当はもっと「すごい」のに、これだとうまく伝わらないなー
例えば、予め目標スピードを設定しておくと、そのスピードに合ったBPMの曲を選んでかけてくれる機能があります。
これ、ありがたいです。
目標からずれると、スピード上げられるように早い曲がかかり、その逆も然り。
定期的にvoice feedbackもあり、なぜここまで使っている人が少ないのだろうと不思議なくらい、私は気に入っています。
いや、充電がもたないとか、目標スピードからずれた場合、「cannot find appropriate music」とすぐに諦めて、同じ曲を延々と、16回流すとか、開発者に言いたいこともたくさんあるけれど、私の今の使い方では充分です。

ここ数ヶ月、英検1級英作文の音源を聞いていましたが、さすがに飽きて来たので(爆)、Podcast ランを試してみることに。

NPRの"here & now"と"fresh air"をいくつかダウンロードして走り出します。
「東京の小京都」と勝手に名付けた公園を目指してLSD

f:id:coco-studies:20161212122623j:plain

f:id:coco-studies:20161212122709j:plain

今回聞いたのは、放火、銃撃事件、スキーヤーStar Wars、ブロードウェイミュージカル、移民法
一つ一つのセグメントは短く、電話やSkypeを利用したインタビューがあったり、テレビ、映画から抜き出した実際の音声があったり、文字通り時間を忘れて楽しめます。
これから長い距離を走るのに、楽しみができました。
Authenticな英語は、確かにchallengingです。
でも、リスニングというスキルの意味でも、知的好奇心という意味でも、artificialなテキストからは得られないものも多くあります。
1日の中で、10分でも取り入れることから始めてみてください。

毎年恒例の友人、ゆうちゃんとの忘年会。
今年も食べました。
息子のプラレールに追いやられ、リビングの隅でチーズケーキを食べます。

f:id:coco-studies:20161212122813j:plain

息子、ゆうちゃんに写真撮るよ、って言われているのにケーキに夢中。
生まれてから5年間、ほとんどケーキなど甘いものを食べさせていなかったので、ケーキ解禁となってからは、失われた時間を取り戻すかのように、味わって食べてます。

1時間走ったけど、摂取カロリーのが多いね、確実にね。

f:id:coco-studies:20161212123650p:plain


我が家がそうだから、という訳ではありませんが、長い間「1人」で暮らしてきた2人が結婚すると、そこに依存はなく、信頼と尊敬が生まれ、いつまでもこの関係が続くのだろうという安心感があります。最終的には1人でも生きていけるって自信がある2人だからね。
ゆうちゃん夫婦を見ていると、この2人が出会って良かったと心から思う。

そういえば、結婚した時、こんなメッセージをいただいていたのでした。
「ひとりで生きていけるふたりが、それでも一緒にいるのが夫婦だと思う」
ティファニーの広告だったと知ったのは、ずっと後のことでした。
私がティファニー好きだと、メッセージをくれた友人が知ったのも、ずっと後のことでした。
もうすぐクリスマス。
何をもらえるかな、とは考えないけど、何をプレゼントしようかな、そう考える時間は楽しい。