読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOEIC批判について考えたことつらつら。

今週やけにTOEICが話題に上るなーと思っていましたが、私がセブで情報遮断している間にTOEIC批判の記事を書いた方がいたのですね。

だからか。
TOEICなんて役に立たないと思ってたいた」と、鬼の首を取ったような顔する人。
「昇格要件にTOEIC追加しちゃったんです」と、おろおろする人。

もしゃもしゃ頭のおじさんの発言でしょ、ただの。
動揺しないでよ。
What does that validate?

とは言え、点数だけ取ることが大切だとは思っていません。
990点持っている人たちなんて、私の周りにはたくさんいるからね。
いつも「TOEICスコアは1000点です」って言い切れるだけの実力つけてくれ、って伝えています。
点数はただの点数。
What does that validate?

TOEICをどう捉えるかで、賛成にも批判にも転がることができる。
TOEICに対する思いって、そのままその人の学習態度や学習目的を表しているから。

私はTOEICがきっかけで、正しい文法を使い、発音に気をつけて、洗練された語彙を操るような英語話者になれるのであれば、TOEIC賛成派になります。

が、ただ点数取ることだけを目的に勉強している人見るにつけ、「そんな勉強やめてしまえ」と、一瞬で寝返り、TOEIC批判派になります。
990点持ってても幼稚園みたいなアウトプットする人と話すのが嫌いです。

そういう意味では、私はもしゃもしゃおじさんの言うこと、理解できるのです。

でもね。
もしゃもしゃおじさんは、TOEICは無味乾燥な内容って言うけど、私の1日のほとんどは、原価率の計算、提案書作成、会議、電話、と、「つまらない」ことして終わります。
Financial Timesみたいに知的好奇心が刺激される英語を読んで1日を過ごせる、それができるのなら、したいよねー。
したくない人なんていないよねー
今読んでいるのはこれ。

Only Time Will Tell (The Clifton Chronicles series Book 1) (English Edition)

Only Time Will Tell (The Clifton Chronicles series Book 1) (English Edition)

おもしろいです。
でも、これ読んでても「仕事」とは認めてもらえない。
「働く」って、それがどれだけ好きなことで、充実しているであっても、「好き」に囲まれて生きることはできないのです。
私はしがない雇われの身なので。
あ、今日ボーナス支給日だ。
こんな小さな楽しみのために働いています。
つまらないことにもむきあわないといけない毎日の中で、月に1度、2時間「無味乾燥な英語」に向き合うって、それほど多くを求めても、犠牲にもしていないでしょう。

TOEICが「つまらない」「無味感想」であるならば、「知的負荷」をかける演習をすれば良いだけのこと。

女性が上司の会話やモノログが頻発するTOEICで、会話演習をします。

あなたの会社では、女性管理職は何パーセントいますか。
女性管理職を増やすことは必要ですか。
女性管理職のquotaはありますか。
Quotaのメリットとデメリットは何ですか。

こんなスピーキング演習を通じて、mandatory、quota、under appreciated、self-fulfilling prophecy、TOEICでは遭遇しないかもしれない語彙を知り、使えるようになります。

Self-fulling prophecyが登場した時は、「女性が昇格して、でも、そこに女性だから贔屓された、って思いが残り、自信を失い、本来の力を出し切れないので、結果、周りは、あいつは女性だから昇格したんだ、って結論づけ、やはり女性の思っていたシナリオになってしまう」みたいなロジックをみんなで話し合いました。

あーTOEIC Speakのレッスンは楽しいな。
もちろんこんなレッスンばかり担当できるではないけれど。

TOEIC Speakは受講生への負荷も高いけど、講師にも時事問題に敏感であること、そもそも、TOEICの素材から時事問題に会話を繋げる力が求められます。

えっとー
この問題の正解はAでー、理由はー

なんて、つまらないレッスンをこれまでに何百と見て来たけれど、そういうレッスンに慣れている講師、そういうレッスンしかできない講師が多過ぎです。
レッスンって、あなたの英語や知識をひけらかす場所ではないでしょう。
受講生が自己表現のツールとして英語を使い、理想と現実のギャップに気づき、そのギャップを埋めようと動く、それが本来のレッスンのあるべき姿です。

あ、私もしゃもしゃおじさんの意見、賛同しちゃうかも。

今は次にTOEIC Speak担当できる日のため、時事問題強化月間にしています。
一番好きなのはこのpodcast

f:id:coco-studies:20161202125633p:plain


1エピソードが通勤時間にぴったり。政治、文化、音楽、料理と、聞いてて飽きないです。
ラジオって英検リスニングPart4のインタビューのトレーニングにも効果的。
いや、私の課題は2次のスピーチだってわかってるけどさー