読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅伝だん。

今年も会社の人と駅伝に参加しました。

また第二走者の5k。
今年も暑かった。陽射しが強くて。

f:id:coco-studies:20161005200416j:plain


f:id:coco-studies:20161005200443j:plain

米軍基地の中の開催なので、ここはアメリカです。
身分証明書の提示もあります。

前日の土曜日は息子の運動会。
近隣の学校がどんどん順延の案内を出す中、なぜか息子の学校は金曜夜の判断をせず、

7:00に判断するって、そこからお弁当作っても間に合わないんだからー判断してー

と半ば怒り、半ば泣きそうになりながらお弁当の買い物を済ませ、でもオットと運動会中止を信じて夜ふかししてました。

土曜日、運動会決行。
学校の執念を感じます。
先生たち、どうしても運動会したかったんだねー。
…って言うか、私の駅伝への執念??なのか?

違うと思います。断言します。
去年は暑くて、水分ほとんど摂っていなくて、実力以上のペースで走って、途中歩いている人に何度も誘惑されて、襷を第三走者に渡したら、倒れこむような思い(それでも6'00"/1kくらい)で、だから今年は抑えていくぞーって、最初から負け戦でした。
どちらかと言うと、走れなくても別に良いかも…とか。

だってゼーハーしたくないし。
英検の勉強したいし。
月曜は息子の運動会の振り替え休日、ワンオペ育児、疲れたくないし。

30分強かかってしまった。
今年のが距離長いしね☆

多分もう少し早く走れます。
うーん、早く走れるけど、走りたくないんです。
限界を見たくないというか。
自分で自分にリミッターかけて、これ以上はいかない、と頑なに守りに入ってしまう。

駅伝後、抹茶パフェで打ち上げしながら(消費カロリー<<<<<<摂取カロリー)、オットに、なぜ私は早くなれないのだろうと聞いてみました。

だって、早くなりたいと思ってないでしょ?

確かに。
後のこと考えると、抑えてしまうよね。

後は経験値の少なさ。

あーレースペース走をしないといけないかー。

1月1日小金井公園で10kに参加します。
お正月なのにヨメ業ボイコット。
だってオットが2日に来れば義実家では一泊するだけで良いから、って言ってくれたし。
11月の英検済んだら、10kのレースペース走するかー。

そして届きました、ニューヨーク行きチケット。

f:id:coco-studies:20161005200621p:plain


6/23羽田発、6/27成田着。
時差の都合で私の来年のカレンダーから6/26が消えました。
…オットの誕生日。
一生笑える話題を得た、としよう、とオットは言ってくれましたが。
お土産たくさん買って来よっと。

実はニューヨーク便でビジネスクラス乗るのは初めてのことではありません。
大学2年の夏、友達のちーちゃんとニューヨークでアパート借りて一週間ほど滞在しました。
確か別々にニューヨーク入りして、帰りだけ同じ便を取ったと記憶しています。
JFK空港でチェックインする時、

We are traveling together so would you put us together?

とtogetherが二つも入るたどたどしい英語で航空会社のお兄さんに伝えると

Of course.

と眼鏡の上から私たちをちらりと見て、チケット発券してくれました。
搭乗し、席を探すけどエコノミーに見当たりません。
CAのお姉さんが

Looks like you girls got lucky.

と言ってくれて、そこで初めて私たちはビジネスにアップグレードされていたことを知りました。

なぜあの時お兄さんが私たちをアップグレードしてくれたのか、勿論わからないままだし、これまでも、この先もあのお兄さんにお礼を言うことはできないままです。
陶器のカップで紅茶がサーブされたことにすごく驚いて、とにかく居心地が悪かったことを思い出します。

今度の旅では少しはリラックスして楽しめるかなー。