読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年第一回英検2次受験。

終わりました。
9:15受付、受験室の2人目という理想の環境。
最初は点数控えめにつけるだろうし、
待ち時間が長いとだれるから。
そうそう。
待合室が7階でね、階段で移動でね、毎日スクワット100回、プランク3分続けて来て良かったーと思ったよ。

Speech: 4x3=12 4x3=12
Interaction: 5x3=15 4x3=12
Pronunciation: 4x2=8 4x2=8
VocGram: 5x2=10 5x2=10
------------------------------
Total:87

かなー。
これが今回の実力。

後で考えたら、質問の意味取り違えたかも、っていうのが1つあったので、interaction減点。
もともと発音は綺麗な方ではないので、試験官が体の向きを斜めにして耳を傾けてたから、発音もきっと減点対象。
スピーチは、3秒くらい余らせてしまった。早口過ぎたなー。丁寧に発音すれば良かった。
過去に受験したことがあると、その時との比較ができてしまい、下がっていると(勝手に確信中ー)、落ち込みます。

ここ数週間、恐らくプリ更年期というので、目眩と倦怠感に悩まされ、でも育児も仕事も止まってはくれないし、

「あー今日はだるいから、
洗濯もお風呂も明日の朝に回して
コンビニでおにぎり買って食べたら
明日朝目が覚めるまで寝る!」カード、

もう使えないですからね。
勉強が犠牲になります。
横になっても、ふらふら、珍しく食欲も落ちて、
どうせ満点取れなければCSE3300点いかないし、秋再受験するわ、って、半ば諦めてました。

うん。
今勉強できる環境にいる人は今勉強した方が良いね。

2次受験準備で去年から変更したこと備忘録。
次回も同じ方法で進めるつもり。

- インデックスカードを止めた
- 原稿を書いた
- ひたすら音読
- 書きやすいスタンス選択

こう振り返ると、去年の準備不足が見て取れます。

インデックスカードは、アイデアを纏めるには向いていたけれど、introductionがすぐに出ないという問題に、よりによって本番で直面することになり、今年は、実際に原稿を書いて、introductionを定型化してしまいました。

これをプライベート設定したはてなブログにためていって、最終的に38になったところでOnline Wordに移行。

f:id:coco-studies:20160710124638j:plain


こうやってpage breakを入れて、片面は質問と、メインアイデア、裏面に原稿。
A4の用紙に4ページ印刷、半分に切って、半分に折って、ホチキス留め。
この作業は息子に手伝ってもらいました。
息子、ありがとう。

試験日まで、ひたすら音読繰り返し、時々質問とメインアイデアのページを見て、原稿を思い出すことを続けました。
移動中の電車と昼休み、お弁当12:30までに食べて後はひたすら会議室に篭って音読。

Online Wordの不具合なのか、タイプしている文字が出ないことが多く、綴り違い散見、書き直しが必要なものがいつくかあります。
後は、自分でも「ないわー」っていう薄っぺらい内容もあるので、捨てトピックにするのか、果敢にも向き合うのか決めていかないと。
38作って、ほぼ全て暗記しておかげで、5のトピックの内、恐らく3はスピーチできたと思う。
次もこんなにラッキーとは限らないので、60くらいまでスピーチ増やそうかな。

秋は息子と埼玉で親子マラソンに出るので、

(これ)

今の内に準備しておかないと。
同時に24日のTOEIC受験に向けて、これから始めましょう。

ETS新TOEICの公式 The Official Guide to the TOEIC Test

ETS新TOEICの公式 The Official Guide to the TOEIC Test


あ、その前に選挙行かなきゃ。