読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末ランとA型確定。

金曜朝息子が発熱。
義両親が来て楽しく過ごしたのに、また保育園とか現実に引き戻されるから不機嫌なのかしら、でも、お母さんはそれを見越して、朝ごはん息子お気に入りメニューばかり。
義両親が持ってきてくれた首都圏には出回らないいちご。

f:id:coco-studies:20160217215349j:plain


え?朝食ほとんど手付かず…?
体温測ると37.5℃。
インフルエンザ…?
インフルエンザ…?
でも発熱から12時間経たないと偽陰性なんだよね…

オットに午後休を取ってもらい、保育園行事を任せて、私は息子とひたすら寝る。
とにかく寝る。
遮光ブラインド下げて、部屋を真っ暗にしてとにかく寝る。
kindleベッドに持ち込んでいたのに、全く開かず。
誰のためかわからない完全休養日。

結果インフルエンザA型でした。
すぐに抗インフルエンザウィルス剤投与。
高熱が出ないケースもあると聞いていたので、息子が37.5℃でもインフルエンザを疑い、タオルを分け、手洗い徹底しておいて良かった。
あ、楽しみにしていた年に一度の友人とのバレンタインランチはキャンセルですけどね☆

だから(なのか?)久しぶりに週末2日とも走りました。
抗インフルエンザウィルス剤投与後、異常行動が心配でオットと交代で起きて息子が眠るのを眺めるだけ、息が詰まるので、オットが起きている時、少し走ってくるね、と。
こういう時、私は薄情なのかなーと思う。
母親の正しい姿がわからない。

土曜日。

f:id:coco-studies:20160217214850p:plain


日曜日。

f:id:coco-studies:20160217214909p:plain


あっつーー

f:id:coco-studies:20160217215158j:plain


暑い。もう少しで夏日。
日焼け止め塗りこんだのに、 顔焼けました。
太陽に当たりすぎてだるいです。

オットと相談し、息子は登園許可が下りるまで病児保育室に預けることにしました。
急性期を過ぎた子供であれば、感染症でも預かってくれる場所です。
保育士と看護師が子供を見てくれて、保育室の下は病院。
医師の回診が1日2回。ありがたい。
この場所がなかったら、私は仕事を続けられなかったかもしれない、です。

1日2000円、ランチとおやつは持参。
赤ちゃんの時はおむつやミルクも。
我が家からは距離があるので、バスかタクシーでの移動です。
保育園は月額での支払い、病児保育室利用中でも関係なく銀行引き落とし。
我が家は延長保育も申し込んでいるので、その分も。
会社員であれば、病児保育室利用ではなく、有給取得という手段もありますが、パートで働く方だと、稼いだ額と最終的に病児保育室利用にかかる額があまり変わらない、という話も聞きます。
予約も6名まで、今のようにインフルエンザ流行期だと、当日朝のキャンセル待ちもあります。
そこから仕事行っても、以前の私の会社では半休がなかったので、1日分の有給消化。
こんなことをもう何回も繰り返し、子供をもう1人育てることが不安になって、それでももう1人、と覚悟がつかないままここまで来てしまいました。

本当は子供が病気であれば、家で看病した方が良いことは理解しています。
でも、今週はオットが海外の支社との電話会議、私は採用面接数件。 
リスケするには、あまりにも多くの人を巻き込むことになるので、仕事を休むのではなく、病児保育室利用、とオットと決めました。
息子も慣れない場所(0歳から預かってもらっているのですが、最後に行ったのは2年半前)で、ろくにお昼寝もできず、治るのに倍近い時間がかかる、そのこともわかってはいるのですが、いろんなことを天秤にかけ、ダメージがより小さい方を選びました。
どうしたって、どこかにダメージ出てしまうから、ダメージの小さい方を。
今私がしている「これ」は選びたくて選んだわけではない、と思う。

保育園は19:15まで、病児保育室は18:00。
オットに夕方打ち合わせ入っている日は、定時退社では間に合わないので、16:00に退社、でも午後休扱い。
1時間半の差は大きいわー。

普段なら行ける時間の営業さんのアポ同行も打ち合わせも全部キャンセルさせてもらう。
インフルエンザの息子を病児保育室に預け、それでも仕事も中途半端。

管理職なんて責任は私が望んだことではない。
だから、管理職もう辞めたい。
一般社員に戻してください。
何度も言って来たけれど、「お母さん管理職」を企業イメージに利用したい幹部は、あはは、って。
あはは…
本気なんですけど。

社会人として正しく生きなきゃと思うと、
親として、正しく生きられない。
しかも、社会人としても正しくは生きられていない。
そんな矛盾。