Spoiled rotten…

「Spoiled rotten」、甘やかされて腐っている…腐るほど、甘やかされている…。
どちらかな。
ひどい言われようですが、英語では、普通ーに使われます。

日曜日は、オットと息子が夕飯作ってくれて

f:id:coco-studies:20160125125312j:plain


カキのみそ焼き丼。

f:id:coco-studies:20160125125345j:plain


冬は週に一回食べているメニュー。
息子はカキは食べないけど、カキのみそ焼きは食べられる。不思議。
苦味が減るのかな。

そして、オットによるマッサージ45分。
9キロしか走ってないけど。

f:id:coco-studies:20160125141437p:plain


※繰り返しになりますが、b-trainerはオットの所有物で、フルマラソン完走できたら、貰える借り物。従って身長、体重はオットで登録してあります。
→だから、私の体重は晒されてませんので。ご安心を。

膝がね…痛いんです…
先週痛いなーと不安になったので、ストレッチと筋トレに励んでみました。
おかげで、オットにマッサージ中、筋肉がほぐれてる、と言ってもらえたのですが、膝の炎症は既に起こしてしまったので、ストレッチではどうにもならないようです。

幸い(なのか??)、今週末から2週連続休日出勤なので、ここは思い切って走るのを止めます。
ウォーキングと筋トレ、ストレッチで様子見。
だって、ここから6月まで、重いテキスト持って、ヒールとスーツで都内歩き回るのです。
悪化する予感しかしない。
膝取り替えたい。

初めてのフルマラソン
完走できるかな、って、そればかりを考えて、それを目標にしてきたわけですが(大して頑張っていないことは自覚しています、はい。)、まさかスタートできないかも、というのは想定外。
練習しなくちゃ、って焦るのと、
でも、今走ったら膝悪くなる、って冷静になるのが1時間おきにやって来て、
だめだってわかっていても、
まだ痛いかなーって触ってしまう。

あー、英語と向き合っていた時は、頭と心の管理だけだったからね。
体が自分のスケジュール通りに動かないっていうのは初めてで、ちょっと混乱してます。

で、もはや家族の前でさえ、気遣いを見せることができず、あからさまに落ち込んでいる私を、オットと息子カキのみそ焼き丼とマッサージで励ましてくれたのでした。

もちろんspoiled rottenではありますが、
今はどちらかと言うと、spoiled and rotten …
甘やかされている上にくさくさしてます。
Andが入るだけで、意味変わるわー。
You can take a girl out of geekiness but you cannot take geekiness out of a girl.
いくら言語オタクとしての生活を止めたつもりでも、言語オタクは止められない、ってことですね。
あ、ちょっと元気出た。