読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年目標を考える。

「たまには友達誘って、子連れでは行けないお店にでも行って来たら?予算無制限で。僕が支払うから」。


そう言ってオットは息子と新幹線に乗りました。

リフレッシュ休暇がまだ2日残るオットは、私がヨメ業しなくて済むよう、私の仕事始めに被せる形で、自分と息子だけが帰省するプランを立ててくれてあったのです。

5日の出社まで、40時間の一人時間。

オット、ありがとう。


「あー、それは良いアイデアだねー」。


嘘はついていません。

ホテル高層階レストランでの食事も、素敵カフェでのお茶も、良いアイデアだとは思ってます。

それを実行に移す気が微塵もないだけで。

久しぶりの一人時間、家で過ごすって決めていました。


早速2016年目標を手帳に書き込みます。

例年変わり映えしませんが、文字にすると進捗確認しやすいので、手帳の表紙に直接書き込んでしまいます。


今年、新しい目標を一つ追加しました。

自分のために相当の時間とエネルギーを費やした2015年。

TOEICに英検、駅伝、初めての10キロレース。

今年は、その分の時間とエネルギーを他の誰かのために使おう、使いたい、と考えています。

「誰かの役に立ちたい」なんて、おこがましいというか、自称意識高い系みたいで気恥ずかしいのですが、「ボランティア」??とも違うし、他に的確な表現見つかるまでは、「他の誰かのために」としておきます。


英語学習兼異文化交流サークルを主催する友人、学習会を定期開催する友人、彼らが忙しそうに動くのを見ながら、「私にできることある?」を口に出していないことも、かなり冷静に把握していました。

「サークル来てくださいよー」って何度も言われていたのに、一度も行ってない。

私が行かないってわかっていて、だからそんなに強く誘ってなかったんだろうけどー。

社会人にとっての時間は貴重です。

誰かのために時間を使うって、勇気要ることだと思うんです。


行きたくないという訳ではなく、私の持つ英語や英語学習、TOEICに関する知識は、会社という場で得たものなので、それを会社の利益とは直接関係ないところで活用するとこにモラルジレンマを感じていた、というのも事実です。

私の知識も会社にとっては貴重な財産ですから。


これまでずっと、周りの誰かが他の人のために時間を、エネルギーを使うのを横目に、


「私は社会人である前に社員だから」


って言い訳をしてきたのですが、ある瞬間、いやいや、そんな言い訳してないで、それを超える何かを考えようよ、って思いが出て来ました。

動け、私。


私の28年の英語学習経験が、誰かの益になるかもしれない。

ならないかもしれない。

その可能性は否定しないけど、それでも、動け、私。


先日、パスポート残存期間不足でおろおろした日、こんなものをいただいていました。

TIFFANY AtoZ TIFFANY STYLE BOOK スペシャルセット(ティファニー オリジナル USB メモリ付き)

TIFFANY AtoZ TIFFANY STYLE BOOK スペシャルセット(ティファニー オリジナル USB メモリ付き)

なぜ私に?
ティファニー好きだけど…??
あー、名古屋ウィメンズマラソンの完走賞はティファニーのネックレスかーーー!

その日はずっと心ここにあらず、で、じっくり読む余裕もなく、今日ようやく開封。

ティファニーの刻印入りのUSBメモリ付き。これには名古屋ウィメンズマラソンの写真を入れておきましょう。

2016年、初めてのフルマラソン完走も目標です。