3000円の使い方-その後

オットから突然貰えることになった「内助の功賞」、何を選んだら良いのか、悩んでばかりだったので、同行中の営業さんに相談しました。

「自分と属性近い人にプレゼントする、って考えてみたら?良く言うでしょ、自分では買わないけど、もらえたら嬉しいなー、ってもの選ぶ、って。」
「営業さん、さすが!!」

40代の中間管理職、上と下の板挟み。
育児は女性の責任?という偏見と日々闘い、定時ダッシュのため、息は止めるけど、毒吐きながら仕事している。
子供や女性に対する犯罪に胸を痛め、反「目には目を、歯には歯を」だったはずなのに、近年その信念が揺らいでいるのを感じる。
息子が生まれてから6年、SNN(死ぬほど眠いのに眠れない)症候群に悩み、趣味の英語の勉強とランニングを諦めなければいけないのか、と怯えている…
かなり心やさぐれている様子です。

「営業さん、世界平和は3000円では買えないです…」
「世界平和……………は3000円では無理ですね。でも、それを見たら、心が穏やかになる、そんな風に思える身に着けるもの、毎日使うものはどうでしょう。」
「営業さん、さすが!!」

そして、届きました。
ボールペン。
かわいーーーー。
丸の内OLの感覚を持つ息子も気に入ったようで、早速試し書き。
f:id:coco-studies:20151031214700j:plain

ピンクリボン運動の製品だそう。
マークがないので、ただのかわいいペンになってしまっていますが、
「かわいいですね」
ピンクリボン運動の一環です」
って、TOEIC Part2ではおそらく不正解となる応答を用意し、啓蒙活動に励みます。

そして。
Chan Luuのブレスレット。

f:id:coco-studies:20151031214742j:plain

収益の50%がピンクリボン運動に寄付されるそうです。

こんな素敵ラッピングで届きました。 

f:id:coco-studies:20151031214907j:plain

オット、こういう買い物及びギフトラップ依頼は、苦手なのに。ありがとうーー!

えーっと、2つ合わせて3000円、なわけないんです。
オットが予算増やしてくれたんです。
僕ではこの商品券使わないから、全部使ってしまおう、と。ありがたい。

これ着けて福島と名古屋走りたいなー、と、思っていましたが、私尋常じゃない量の汗かくし、皮だし、痛むかなー、2回のレースのための買い物になってしまう…と迷っていたら、オットが、

着けて走りな。
着けて走るために買ったんでしょ。
モノは、また買える。僕が、買う。
ここで、勿体ない、思って、自分の思いを抑えるのは良くない。

みたいなことを言ってくれました。
こういう価値観が一致する瞬間が、結婚なんだと思います。

では、ブレスレットつけて、飯坂温泉10k駆け抜けて来ます!