胸鎖乳突筋に魂を揺さぶられる。

我が家の近くにある製菓学校で、学生さんの作品を販売する日があります。
平日12:20-16:00、社会人にはなかなか購入し辛い設定ですが、昨日はオットと2人休みだったので、息子の生誕の儀スタート、と出かけて来ました。

モンブラン

f:id:coco-studies:20151030180658j:plain

自分の作品が売れていくのを、すごーく緊張して見ている学生さんたち。
接客に時間がかかるのも慣れていないから。
ケーキも接客も、もっと高いレベルのものを求めるなら、他のお店に行けば良いだけのこと。
毎回学生さん相手にいらいらしている大人を見ると、

はぁーーーー、他行って!!

と、舌打ちしたくなります。
あ、やさぐれてごめんね。でも、こういうの、大嫌いなんです。
ここは、利益追従の店舗ではなく、学生さんたちが、自分の作品を世に送り出す楽しみを味わうカリキュラムの一部なんです。

美味しい。
本当に美味しいケーキです。
この質で、利益をだすことが、学生でなくなった時、お店を持つ時の課題になるのでしょう。
が、技術習得に専念できる今は、本当に美味しい。
生クリーム本当は嫌いなんですが、半分食べてしまいました。

昨日は息子の保育園の誕生会で、5歳クラスだけが保護者も招待、オットと会社休みました。
だから平日しかないケーキ販売にもありつくことができたのです。

5ヶ月で保育園の赤ちゃんクラスに入った息子が、幼児クラス(3歳から5歳)の前に立ち、自己紹介をしている。
赤ちゃんクラスの時は、人の集まる場所に行くだけで大泣きしていたのに。

語学を習得するには、私はロジカルである必要があると考えています。
化学や物理は、高校1年で脱落しているので、自分が理系だとは思っていませんが、ルールを探し、ルールに当てはまらないものを探し、それらをtrial and errorで自分のものにしていく、それって、非常にロジカルな作業だと思うんです。
右脳、左脳で括ることはできませんが、少なくともエモーショナル〈 ロジカルだと、自分では思ってました。 

が。
ケーキを売る学生さんたちの緊張が伝わってきて、涙ぐんでしまう。
大丈夫、大丈夫。
私たちは味の批判をするのではなく、どんな教育でも、どんな形でも、サポートする(=お金を出す、稼ぎのある大人だから。)、それがポリシーだから買ってるの。緊張しないで。
息子の誕生会では、メッセージを書くように言われていて、でも、私は、行政とか、保育園とか、担任とか、不満が多いから、メッセージも、書けば良いんでしょ?程度に仕上げてやる、と思ってたのに、真面目に向き合ってしまい、土曜日誕生日の息子は、誕生日は保育園に来ないから、今読んで、と催促。担任が読み出した途端に涙が出て、こういう時、エモーショナルになるお母さんではない、って自分は信じてたのに、そんなのが一瞬で崩れてしまいました。

一体私の心に何が??
と、思ったらただのPMSでした。
ホルモン怖いー。

そして。
ここ数日首が見た目にも腫れていて、日曜の10k走って良いか確認のために病院行きました。
診察の結果、肩こりから来ている胸鎖乳突筋の腫れ、ですって。
で、ここの凝りは、副交換神経の働きを悪くするため、自律神経失調症に似た症状が出てしまうと。
そっかー、最近の頭痛、めまいは、これから来ているのかー。
そして、今日突然私がエモーショナルになったのも、胸鎖乳突筋か!
合点!