語彙学習法には答えがない件。

語彙学習、続けてます。
この暑さで、ランニングはオットストップ中ですから。
熱中症で倒れて緊急搬送とか、確かに怖いので、守りに入ります。
8月は筋トレ。スクワットとプランク。
中間管理職夫妻にとって、家族の誰が体調崩しても家庭崩壊の危険があるのですよ。
息子、そしてオットのアデノウィルス(プール熱)とオットのインフルエンザが半年経たずに起きた時は、私が一番体調悪かった気がする。
本当に悪かったのは、体調ではなく、私の機嫌だったのは、また後日☆
そりゃ、英検受験なんか考えられなかった訳だ。

講座を担当していると、受講生から学習法の相談を受けます。

「語彙が覚えられないんです。どうしたら良いですか。」

え?語彙って暗記以外に覚える方法あるの?あるなら、私が、英検1級高得点取得を目指す私が、知りたいわ。

なんて考えているのがばれないよう、蔑んだ目を下に落としつつ、どんな勉強をしているのか聞いてみると…

やっぱりねー。
大した勉強なんてしてないんですよ。

本買ったんですけどー、
なかなか覚えられなくてー、
で、英語できる人はどうやって覚えているのかなー、と思って。

えっと。
単語本食べてます…?
枕の下に入れて寝てます…?

そんな答え期待しているの??

覚えよう、って決めたら、自分なりに覚え方を編み出して、そのやり方で、地味に孤独に取り組んでいるだけです。

語彙は個人差があるから、どうしてもレッスンでは取り扱わなくて、で、個人の意識に頼らざるを得ない時がある。
いろんなタイプの学習者がいて、そこには、視覚、聴覚、音声、触覚(書くことを含めて体を使う)、感覚(語幹やイメージの活用)と一括りにはできない学習法があるのです。

それを!
英語できる人の勉強法って!
特効薬があるみたいに!

でもこれ半分は講師の責任です。
受講生とシェアするほどの学習をしていないなっまぬるーい講師たち。
最後にTOEIC受験したのはいつですか。
満点取らずに講師してて、恥ずかしくないですか。
その対極にいる、自分の学習を受講生に押し付ける講師たち。
結局、特に語彙みたいに、母語での学習法に大きく影響を受ける分野は、ある程度受講生を突き放して、自己責任だと理解させないといけない。
それなのに、大量のプリント配ってみたり、著作権無視して、いろいろコピーして来たり。
受講生はもらったことで満足してしまい、やはり自分なりの暗記法をみつけられないまま。
講師は与えたことで、自分の仕事は完結したと勘違いしたまま。

…これ以上の本音はこんぷらいあんすやらに関わるので、今日はもうやめておきます。