読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英検1級2次対策-練習

結果出てもう1週間経ってますが。
遅。

情報カード表に過去問、
裏に自分のアイデアを書きためる、
というやり方は、私には合っていました。

まず、私は暗記が嫌いです。
記憶力は良い方です。
が、逆に正確に、暗記した通りに、
となってしまい、
下手、というか人工的?に聞こえてしまいます。
大学院時代からずっと、
「自分の言いたいことメモ」を頼りに
自分の言葉で話すことのが得意でした。
ある程度スピーキングの力がついていたから、だとは思いますが。

そこで。
情報カードにアイデアを溜めたら、
ひたすら2分話す練習をしました。
トピックを見たら、
例証1、2といった具合にアイデアを思い出し、
後は2分埋められるように話す。
この繰り返しです。
これはいつでも、どこでもできるので、
通勤時間はもちろん、
週末家族で出かけるとき、
子供の寝かしつけの間、
ずーっともごもご言ってました。
息子はまだ1人では寝ないのですが、
ベッドルームのドアを開け、
私の姿がリビングに見えれば
眠くなったら勝手に寝ます。
5歳児としては独立している寝方かなー。

この練習の中で
すらすら話せるもの、そうでないものが
かなりはっきりしてきて、
ばかの壁、は上ることを諦め、
得意分野にかけることにしました。
教育、女性問題、銃規制、メデイア。
どれか出るでしょ、って。
幸いにも、科学研究のトピックが出題され、
これは芸術との対比で随分練習したので、
中身としては満足いくものができました。

ただ、私のやり方にも落とし穴が。
トピックを見たらアイデアが浮かび、
イデアについては比較的容易に話せます。
でも、出だしが。出だしが。出だしが!
練習の時、いきなりアイデアを話し始めたので、本番でも、トピックセンテンスがない!まま進めてしまいました。
これは大失敗。

冬の陣に向け、
克服すべきはトピックセンテンス!
やり方は大きく変えないつもりなんですが
情報カードをノートにするか検討中)、
イデア書きためる欄と、
トピックセンテンスを書く欄を分けようと。
そのためにはノートが良いかなー、と思って。

秋までは語彙強化とリスニングメインで。
それまでに2次対策について
あーでもない、こーでもない、って
策を練ります。

出処は巨大掲示板にあった情報で、
本当にどーでも良い理由で
今久しぶりにやる気が出ています。
あまりにもどーでも良い理由過ぎて、
やる気出ちゃった自分が恥ずかしい。あは。