1人ハーフだん。

本番と同じシューズ履いて、ウェア着て、補給食持って、1人ハーフです。

おそらく最後の長距離練習。無事に終了。

f:id:coco-studies:20170212203743p:plain 

自宅まで後数百メートルでb-trainerの充電切れたのが心残り。


ランニングを始めてから、いろいろなことに感謝するようになりました。

天気に恵まれたこと、オットと息子が健康でいること、怪我していないこと、それぞれの実家で心配事がないこと、走った後おいしく食事ができること、ぐっすり眠ってからまた行く職場があること。


練習を叶わなくする要因なんていくらでもあって、それでもシューズ履いて、b-trainerつけて、「3時間くらいで帰ってくるね」と出かけられる、ありがたい、大切な練習たち。

f:id:coco-studies:20170212204335p:plain


後は3/12の本番を待つだけです。


今年のバレンタインは息子リクエストのチョコフォンデュ。

f:id:coco-studies:20170213075933j:plain

いちご、バナナ、ドライマンゴー、ビスケット、マシュマロ。

おいしくいただきました。

Jeffery Archer読了。

ソイラテ飲みながらKindle読んで、贅沢な午前中を過ごしました。

昨日は有給です。

夕方息子の予定があり、マンションの鍵を持たない息子の帰宅に午後休では間に合わないようだったので、1日休んでしまいました。


その間に読了。

Best Kept Secret (The Clifton Chronicles series Book 3) (English Edition)

Best Kept Secret (The Clifton Chronicles series Book 3) (English Edition)

シリーズものはしばらく読まないと決めていたのに、また6部作読み始めちゃって、まだ3作目。

I am full on Harry、一旦おやすみします。


この本に"avuncular"という単語が登場します。

悪いおじさんがいて、でも、表向きはbusiness savvyな市民、優しいお父さんのイメージで暮らしていた、みたいなくだりです。

"avuncular"、叫んじゃうよね。


Podcastでも。

f:id:coco-studies:20170210075954p:plain


NPRの"Here &Nowの2/6 hour1、"bequeathed"

が登場しました。

"Bequeathed"、叫んじゃうよね。

印象派の絵をたくさん持っていたお金持ちがいて、大して人気なかった絵画だったんだけど集めてたから、その人の没後、他の人に譲られた、というお話し。

"Hit Makers"という本の紹介で使われてました。

社会心理学マーケティングのお話し。

本読まなくても、このエピソードはぜひぜひ聞いてもらいたいです。


"Avuncular"も"bequeathed"もパス単で取り上げられています。

もし、これらの言葉を勉強していなかったら、勉強、すなわち正確に意味を取り、発音を確認して、という作業をしていなかったら、私はおそらく文脈から意味を理解し、そこで終わったと思います。その程度の英語力はあるので。


悪者なのに良い人ぶっていたんたなー

たくさんの絵を譲ったんだなー


「理解」はできるけど、理解の精度としては決して高くないし、後でその単語を思い出すのはほぼ不可能です。

でも、学習済みの言葉だったから、理解の精度は非常に高いものになったし、多分再生も可能です。

実際、こうやって今二つの言葉を思い出すことができているし。


なんて贅沢な学習方法だろう。

なんて贅沢な生き方だろう。


あ、Podcastの受け売りですが、こうやって文頭の語を揃えることをanaphoraと呼ぶそうです。

言葉を繰り返すことで、音楽のように聞こえ、強烈な印象を残すのだそう。

主に政治で使われるレトリック。

初めて知りました。


「言葉に敏感に」と繰り返し唱える大学院時代の社会学教授を思い出しました。

彼女曰く、言葉を知ると、世界が別の色彩を持って見えて来るから、と。

Don't you want to live in a colorful world where you can really, really see things?

差別、人権侵害、もともとこういった事象は存在していて、でも、名前を与えることで、初めて人々はその事象に気づき、問題意識を持てるのだから、と。

当時fuschaが好きで、ネイル、靴、スカート、どこかに身に着けていた私に、"What color is that?"と問いかけ、クラスメートとpinkish red、reddish pink、pink with a touch of red、などその色を表す言葉を探しました。

"Actually, the color already has a name."と言われてから、私は街中でもpinkとredとそしてfuschaが見えて来るようになり、fuschaとpinkが同じ色に見えていた事実が不思議に思えたものです。

Pantone では15-2718TCXです。


Avuncular、bequeathed、anaphora、fuscha。

英語学習を通じて私の世界はどんどんカラフルになっていきます。

英検1次満点合格は、私にとっては通過点。

これからまだまだカラフルな世界が待っているはず。

これからどこへ行こうか、そう考えるのが今はとても楽しいです。

2016年第三回英検1次CSE。

f:id:coco-studies:20170207174451p:plain


CSEだけ比較すると興味深いです。

あ、2015年のはCSE1.0だから参考程度で。


2016年第2回は語彙一つ間違えて、英作文で減点1でした。

それだけで100点以上変わってしまうんだ。

むー、妥当性と信頼性ってどうなっているんでしょう。


過去のスコア一覧から見えてくるものがあります。

f:id:coco-studies:20170207175023p:plain

2015年のはCSE2.0に換算したものがあります。

これまでで一番良い成績。

2次で92点もらえているのが要因です。

今の2次の採点が歪んで見えるような、見えないような。


f:id:coco-studies:20170207175156p:plain

f:id:coco-studies:20170207174922p:plain

C2にどうしても届かない今の私。

全ての結果が、3020以上、3160以下に収まっています。

どうしても超えられない3161なんですねー


7月の2次で611点取れれば、どうやら私はC2認定されるようなんですが、でも、英検1級て、C1じゃなかった?かな。

611点…取れたらどうなるんだろう。

あー、2次は602点から合格だから、ぎりぎりC1に収まるように、610点くらいに操作され…公正に採点されるのかなー。

例え1次を満点合格しても2次合格しつつC1に残す道はあるんですね☆

謀られた。

でも、610点以上のパフォーマンスすれば良いだけのこと。

7月を楽しみに待ちましょう。


そして届きました。

f:id:coco-studies:20170207174700j:plain

10kを60分以内で、も今年の目標も一つです。


2016年第三回英検1次結果。

合格しました。


f:id:coco-studies:20170203180255p:plain

f:id:coco-studies:20170203180306p:plain


いつもなら、15:00を楽しみに待つのに、今日はそれどころではなく…。

落し物して、見つからなくて、そんな時に結果を見たので、


まぁ、満点は嬉しいけどさー

今の私は心から喜べないんだよー


ってやさぐれてました。

あ、落し物が見つかった今は、じわじわ喜んでます。


昨日の退社時にI.D.を外した時、ネックレスがぷち、と音を立てた気がしたけど、2本重ね付けしているし、そのせいだろう、とそのまま帰宅。

そこで初めてネックレスの一つがないことに気づきました。

手洗いうがいするのに洗面所で。

いつもあるものがあるべき場所にない、というのがこんな違和感あるのか、と。


f:id:coco-studies:20170203174844j:plain

f:id:coco-studies:20170203174920j:plain

一昨年の冬休み、シンガポールのマリーナベイサンズに泊まった時、オットが突然「いつもありがとう」とプレゼントしてくれたネックレスでした。


いや、店員さんとのやりとりは私が英語でしたんですけどね。

いつくか候補を見せてもらう時も、

「どのくらいの石の大きさ、って聞いてるよ」

「大きめで」

「大きめ、じゃ伝わらないよ」

「じゃ、これくらい」

(いや、これ高いけど?大きいけど?)

"He says something in the range of this one although I think it is too big."

"Well, he is buying, so..."

と、店員のAnneちゃんに見立ててもらったのでした。

それから告別式の日以外、外したことがありません。

24時間つけっぱなしです。

名古屋を走った時ももちろんつけたままでした。


鞄をひっくり返し、コートをばさばさ振り回し、最後には着替えてみたのですが、見つかりません。

泣きたい。


オットがマンションから駅まで懐中電灯を持って歩いてくれました。

息子は「いくら?いくら?」と財布を出して来て、ネックレスを買ってくれると言います。

泣きたい。


朝は1時間早く新宿へ。

交番で遺失物届出を済ませ、開店している店舗に問い合わせて回りました。

どこに行っても、届いていません、と。

貴金属は戻って来ることの方が少ないそうです。

質屋さんに持ち込まれることも多いと。

同じもの買ってプレゼントするから、私にオットが買ってくれたのを返して、そう思いながら歩いてました。


念のため管理部に伝えておこう、もし他の事業部の人が届けてくれたらわかるように、と、管理部に行くと、「これですか?」


そうですーーー

これですーーー

保証書持って来ましたーー

照会してくださいーーー


昨日エレベーターの中に落ちていたのを、誰かが届けてくれたそうです。

ありがたい。

ありがたい。

ありがたい。

届いた時に受け取った人が今日おやすみだそうで、まだお礼はできませんが、月曜日問い合わせてみます。


新宿駅の交番、JR、メトロ、駅中の店舗、どこでも落し物や忘れ物を持ち主に戻そうというシステムが出来上がっていて、「善意」が身に染みました。

泣かないように、泣かないように、って意識しないと、言葉に詰まってしまうような1日でした。


チェーンが切れた訳ではないので、一度修理に出して、強度チェックを受けて来ます。

What an eventful day... Memorable in more than one way.

2016年第三回英検1次速報。

試験会場での置き時計利用は制限されていないのでしょうか。
TOEICだと置き時計は没収されますよね。
受験票には「腕時計」って記載があるけど。

f:id:coco-studies:20170123175301j:plain


試験監督者からの開始5分前のアナウンス、静まりかえる部屋の中、隣の女性が机に置いた時計の音が響きます。

かち かち かち かち
かち かち かち かち

うるさーーーい。
うっるさいーーー。
一度気にしてしまうと、その音だけ、別のデシベルで聞こえて来ます。
うるさい、うるさい、うるさいーー。
置き時計の音が耳障りなので席を移動したい、と申し出ようかと思いましたが(勿論理由も声に出してね)、他の受験者はもうトランス状態に入っているだろうし、彼らの集中力下げてもいけないと、そのままの席で受けることにしました。

どうかあなたがぎりぎりの点数で合格しますように
そして二度と一次の会場に置き時計なんて持ち込みませんように
と呪いをかけ…祈っておきました☆☆
根に持つタイプです☆☆

今回は一次だけなので気が楽です。
全然勉強もして来ませんでした。
先週も15k走ってるし。

f:id:coco-studies:20170123175329p:plain


二次がないというストレスフリーな日々。
試験内容とか試験官の質とかアルバイトの質とか、いろいろ理由はあって、どうしても二次が好きになれない。
あ、好きな人なんていないか。
初対面の人と、原発の是非や、飢餓について話し合うって、私たちがこの社会で生きていくのに期待されるsocial normから逸脱している。
でも、納得いく点数が取れないことを外的要因のせいにし続けるのも潔くないので、高得点取るまでは受験続けます。

2月19日は青梅マラソンの10k、二次は見送り。
荒天でマラソンがキャンセルになる可能性もあるなーと後で気づいてしまったものの、今日からは二次よりもマラソン優先なので、7月、一次免除で二次だけ受験予定です。
8,400円の出費も覚悟です。
マラソン・英検トレーナーのオットから、今回の一次で望む結果が出なければ6月も一次から受験するだけ、というプランを言い渡されたので。
一方で、今回の一次で良い結果が残せていたら、ここから約半年を二次の準備に充てることができる、と。確かに。

自己採点の結果は筆記、リスニング共に間違いなし。
前回語彙で一問間違えてしまったので、全問正解は嬉しいです。
塗り間違えなんて初歩的ミスはしていませんように。

年末の多読が功を奏し、語彙はさくさく解けたし、読解は過去問を解くことすらしなかったけど、14:05に全問終了。
その後回答を見直しても、答えは全てそのままです。

あ、置き時計の音は気になって、ずっーと耳塞いでましたよ。
おかげで今日は耳が痛いです。
置き時計は、明らかに「他の受験者に迷惑となる行為」だわ。
それにね、私、合格したくて受験しているんじゃなくて、満点取るために受験しているの。
もしまたこんなことがあったら席を替えてもらおう。

今年の目標はまず一次で2500点です。
発表は2月3日。
英作文がどう評価されているのか楽しみに待ちます。

「筋肉食堂」ランと音読生活。

女性ランナーばかりが30人の集まりに参加しました。

場所は水道橋の「筋肉食堂」。

http://kinnikushokudo.jp/


お通しはプロテイン

f:id:coco-studies:20170111180712j:plain


具沢山サラダに続いて蒸し鶏。

「おひとり様4切れです」の指示と共に。

f:id:coco-studies:20170111180816j:plain


次は牛肉100%のハンバーグ。

f:id:coco-studies:20170111180840j:plain


箸で持つとふるふる。レアでした。

苦手な人はもっと焼いてもらえるそう。


この後カジキマグロ、リブステーキ、デザートのシフォンケーキ、で、合計800キロカロリー。

うん、また行く。


この後二次会の餃子の王将で、私のテーブルが回鍋肉、餃子、焼きそば、炒飯、スープ頼んだのは内緒です。

f:id:coco-studies:20170111182303j:plain


前日に14キロ走っておいて良かった。

f:id:coco-studies:20170111181113p:plain


これからの数週間は、ロング走を繰り返します。

それなのに、私の2月の予定がぱつぱつ。

f:id:coco-studies:20170111181136p:plain


去年の有給を極力消化するように、とのことなので、有給取得して走って来ます。


キッチンにスピーカーが届きました。

f:id:coco-studies:20170111181243j:plain


電球をスピーカーにしようかとオットと検討しましたが、近々キッチンのリフォームをするので、今はBluetoothのスピーカーで良いか、と。


快適です。もっと早く買えば良かった。

NPRのPodcastを聞いたり、発音矯正したりしています。

今年はスピーキングを鍛えたいなー

自分の言いたいことを英語で言えてしまうから、発音も流暢さもなかなか上達しない。

この甘えから脱したいと思っていました。

環境整備できたので、ここからは淡々と粛々と音読を続けていきます。

小金井元旦ロードレース10kだん。

あけましておめでとうございます。

今日は今年初めてのレースでした。

これ。

f:id:coco-studies:20170101185312j:plain


ランナー先輩がエントリーしたと知り、このままエントリーしちゃえば、オット実家への帰省を遅らせられるのでは…という邪な動機からのエントリー。

レースコースや給水の情報収集のためブログを読み漁ると、50分以上かかっている人がいない事実に、コースも給水もどうでもよくなります。

だよね、元旦レースなんて、変態の集まりだよ、と、気づいたのは12月に入ってから。


あーDNSするか。 したい。


ここ数日何度思ったかわかりません。

最下位でゴールする自分の姿が容易に想像できます。

「最後のランナーがゴールします。みなさん、温かい拍手でお迎えください」のアナウンス付きで。

妄想力だけは鍛えられているからね、vividだよ。


そして12/31、雨雪の予報もなく、どこも故障していない。インフルエンザ感染もなし。

走らない理由がないじゃん。

レース出るか、と2016年最後の夕陽を見ながら腹をくくります。

f:id:coco-studies:20170101185418j:plain


消化の良いものを食べて、ブルーライトを避け、ベットルームでキャンドルの明かりの中ストレッチ。

朝は早く起きて、朝ごはん食べて、着替えて出発。

ちょうど富士山が初日の出で照らされる時間でした。

f:id:coco-studies:20170101185454j:plain



武蔵小金井に向かう中央線で考えます。

最下位ゴールが嫌、そんな理由でDNSはできないなー。

It is so ironic that I am wanting to run away from this race with the very reason I began running with.

息子の前で、逃げない、言い訳しない、そんな大人でいたいと走り始めたのに。

最下位でゴールしたとしても、走りきったという事実は残る。

逃げてスタートしないなんて、最下位ゴールよりずっとずっと恥ずかしくて情けないこと。

ゴールする、それだけで良いじゃん、と、小金井公園に向かって歩きながら考えます。

だって昨日は夜ふかししなかったし、ストレッチしたし、朝も早起きしたし。

スタートラインに立つ、それだけでも「逃げて」はないんだから。

新年にふさわしい清々しさ。

冷たい空気と青空に流されている気もするけど。


着替えながら、「1時間切りたいです」、ランナー先輩に宣言。

言葉にしてしまえば、そこに向かって努力することができる。

でも、黙っていたら「別に1時間切れなくても良い」と自分を甘やかしてしまう。

たかだか1時間のこと、これまでもっと長い距離を走って来ているし、6'00"/kより速いペースで走ったこともある。

両方を同時にしたことがないだけで。

やるか、やらないか、諦めるか、食い下がる、自分に甘く生きるのか、自分を追い込むのか。

そして、ゴールした時、「言い訳しない」でランナー先輩と向き合えるのか。


f:id:coco-studies:20170101185652j:plain

結果23秒間に合いませんでした。

でも悔いはありません。

今日できるベストは尽くしたし、途中諦めちゃえ、という欲求に屈することなく最後まで駆け抜けることができました。

ランナー先輩からも、フォームも崩れていないし、呼吸も乱れていない、多分もう少しペース上げても大丈夫、と言ってもらえました。

2月の青梅マラソンでは1時間切ることを約束します。

ゴールする前、沿道の応援の方が「60分で帰って来てる。これはすごいことなんだよ」と年配の方、ご家族でしょうか、説明しています。

そうだ、ランナーの中では私は永久初心者だけど、全人類の中では速いほうなんだよ。

疲労と脱水でふわふわした頭は、都合の良いことしか聞かなくなるようです。


1年の始まりが、こんな結果で本当に嬉しく誇りに思います。

これからの12ヶ月、辛いことも苦しいことも乗り越えられるんじゃないか、自分がinvincible になった気分です。


ランナー先輩と打ち上げ。

f:id:coco-studies:20170101185827j:plain

f:id:coco-studies:20170101185852j:plain

初めてのサイゼリヤ。息子には出どころがわかる食べ物を口にして欲しいので、あまり外食はしていません。

ドリンクバー!何年ぶり!

働くお母さんにはドリンクバーする時間だって貴重なんです。

ランニングの練習について、たくさんのアドレスをもらいました。

ランニングを始めてから、こうやって周りの人に助けられることが多く、誰かのために、自分の時間、知識、エネルギーを惜しみなく使う人たちに感謝の思いでいっぱいです。

同時に、私も何かできないか、と悶々と考えました。

ランニングでは、私、全く役に立たないからね、何か別の形で。

そして、名古屋ウィメンズマラソンでの出来事を思い出しました。

喉に飴を詰まらせてしまったランナー、ボランティアの方に言いたいことを伝えられず、困っている様子。

Hi, what is going on?と声をかけると


Thank goodness you speak English.

あー英語話せる人来たよー


同時に言われました。

記録を狙わない走り方なら、こうやって途中止まっても何の問題もありません。


あった、私にもできることが。

f:id:coco-studies:20170101190119p:plain

無事に当選。

多言語は応募の時点で自分のレベルを申告します。

だから、抽選ではなく、能力順であったと信じたい、です。

出場される方、ゴールでお待ちしています。