読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Serendipityと語彙強化。

読了。

Only Time Will Tell (The Clifton Chronicles series Book 1) (English Edition)

Only Time Will Tell (The Clifton Chronicles series Book 1) (English Edition)

Jeffrey Archerらしい、と言えるほど彼の作品を読んでいる訳ではありませんが、ぐいぐい引き込まれました。
2作目も読み始めています。

1作品目物語最後の舞台はニューヨーク。
なんというSerendipity
ちょうど来年のニューヨークひとり旅のため、ホテルの検討や、ランニングコースの検索を始めていたのでした。
後はお土産リスト作成に、カフェ、スイーツの情報収集。
来年の6月のことですが、ニューヨークなんて次にいつ行けるかわからないので、準備は入念に。

最後にニューヨークを訪れたのは、大学院1年目の感謝祭の頃。
もう20年近く経っています。
空港からPenn Stationまで電車で行けるようになってる。知らなかったー
ホテルはPenn Station近くに決定。
高校の1年を過ごした街にはPenn StationからLong Island Rail Road に乗って行くのです。
18歳の時は果てしなく大きく見えたマンハッタン島、実は端から端まで歩けます。
セントラルパーク一周して、ブロードウェイを南に下がっても15キロ、充分走りきれる距離。
1人マンハッタンマラニック開催しましょう。
72時間の滞在だからね、効率よく回らないと。
1年通った高校も見に行きたいし、この旅の1番の目的、勤続10年目の記念品をニューヨーク本店で買いたいし。
浮かれすぎて、iPhoneのケースを買っちゃいました。

modref(モドレフ) metro NEWYORK iPhone6/6s ケース

modref(モドレフ) metro NEWYORK iPhone6/6s ケース


そういえば、Jeffrey Archer 5部作が終わったら読む本も、ニューヨークのお話だ。

A Little Life

A Little Life


以前レビューを読んで、いつか読みたいとは思っていたものの、700ページというボリュームに圧倒されてしまい、躊躇している間にタイトルを忘れてしまいました。
それが、先日のセブ行きの飛行機で手にしたPhilippine航空の冊子に著者のインタビューが。
あ、これもSerendipityですね。
年末まで予算無制限の多読期間、早速購入しました。
Upsetting、Unsettlingと表現される本ですが、多分今なら充分な耐性があるはず。

語彙強化は暗記だからと、作業として処理していた言葉が、意味を持ち、行動を伴い、私の感情を激しく揺さぶる瞬間、「作業」なんて呼んでごめんなさい、とその言葉を選び、その文脈で使った書き手にrespectとappreciationが生まれます。
ただのアルファベットの羅列だった単語が、言葉として自立した時、初めて語彙学習が完結したと言える、そう思います。 
言葉は人生をより豊かなものにしてくれる、大学の時の先生に言われました。
読むこと、書くことを私たちに求め、それ以上のフィードバックをくれた先生です。
確かに。
語彙強化に貪欲に行きて来たことで、私は多くの良書と出会って、知らなかった世界に連れて行ってもらい、知らなかった感情を抱きました。
地味で時間のかかる語彙強化も、そのリターンは他のどんな学習よりも大きいんじゃないかな。

TOEIC批判について考えたことつらつら。

今週やけにTOEICが話題に上るなーと思っていましたが、私がセブで情報遮断している間にTOEIC批判の記事を書いた方がいたのですね。

だからか。
TOEICなんて役に立たないと思ってたいた」と、鬼の首を取ったような顔する人。
「昇格要件にTOEIC追加しちゃったんです」と、おろおろする人。

もしゃもしゃ頭のおじさんの発言でしょ、ただの。
動揺しないでよ。
What does that validate?

とは言え、点数だけ取ることが大切だとは思っていません。
990点持っている人たちなんて、私の周りにはたくさんいるからね。
いつも「TOEICスコアは1000点です」って言い切れるだけの実力つけてくれ、って伝えています。
点数はただの点数。
What does that validate?

TOEICをどう捉えるかで、賛成にも批判にも転がることができる。
TOEICに対する思いって、そのままその人の学習態度や学習目的を表しているから。

私はTOEICがきっかけで、正しい文法を使い、発音に気をつけて、洗練された語彙を操るような英語話者になれるのであれば、TOEIC賛成派になります。

が、ただ点数取ることだけを目的に勉強している人見るにつけ、「そんな勉強やめてしまえ」と、一瞬で寝返り、TOEIC批判派になります。
990点持ってても幼稚園みたいなアウトプットする人と話すのが嫌いです。

そういう意味では、私はもしゃもしゃおじさんの言うこと、理解できるのです。

でもね。
もしゃもしゃおじさんは、TOEICは無味乾燥な内容って言うけど、私の1日のほとんどは、原価率の計算、提案書作成、会議、電話、と、「つまらない」ことして終わります。
Financial Timesみたいに知的好奇心が刺激される英語を読んで1日を過ごせる、それができるのなら、したいよねー。
したくない人なんていないよねー
今読んでいるのはこれ。

Only Time Will Tell (The Clifton Chronicles series Book 1) (English Edition)

Only Time Will Tell (The Clifton Chronicles series Book 1) (English Edition)

おもしろいです。
でも、これ読んでても「仕事」とは認めてもらえない。
「働く」って、それがどれだけ好きなことで、充実しているであっても、「好き」に囲まれて生きることはできないのです。
私はしがない雇われの身なので。
あ、今日ボーナス支給日だ。
こんな小さな楽しみのために働いています。
つまらないことにもむきあわないといけない毎日の中で、月に1度、2時間「無味乾燥な英語」に向き合うって、それほど多くを求めても、犠牲にもしていないでしょう。

TOEICが「つまらない」「無味感想」であるならば、「知的負荷」をかける演習をすれば良いだけのこと。

女性が上司の会話やモノログが頻発するTOEICで、会話演習をします。

あなたの会社では、女性管理職は何パーセントいますか。
女性管理職を増やすことは必要ですか。
女性管理職のquotaはありますか。
Quotaのメリットとデメリットは何ですか。

こんなスピーキング演習を通じて、mandatory、quota、under appreciated、self-fulfilling prophecy、TOEICでは遭遇しないかもしれない語彙を知り、使えるようになります。

Self-fulling prophecyが登場した時は、「女性が昇格して、でも、そこに女性だから贔屓された、って思いが残り、自信を失い、本来の力を出し切れないので、結果、周りは、あいつは女性だから昇格したんだ、って結論づけ、やはり女性の思っていたシナリオになってしまう」みたいなロジックをみんなで話し合いました。

あーTOEIC Speakのレッスンは楽しいな。
もちろんこんなレッスンばかり担当できるではないけれど。

TOEIC Speakは受講生への負荷も高いけど、講師にも時事問題に敏感であること、そもそも、TOEICの素材から時事問題に会話を繋げる力が求められます。

えっとー
この問題の正解はAでー、理由はー

なんて、つまらないレッスンをこれまでに何百と見て来たけれど、そういうレッスンに慣れている講師、そういうレッスンしかできない講師が多過ぎです。
レッスンって、あなたの英語や知識をひけらかす場所ではないでしょう。
受講生が自己表現のツールとして英語を使い、理想と現実のギャップに気づき、そのギャップを埋めようと動く、それが本来のレッスンのあるべき姿です。

あ、私もしゃもしゃおじさんの意見、賛同しちゃうかも。

今は次にTOEIC Speak担当できる日のため、時事問題強化月間にしています。
一番好きなのはこのpodcast

f:id:coco-studies:20161202125633p:plain


1エピソードが通勤時間にぴったり。政治、文化、音楽、料理と、聞いてて飽きないです。
ラジオって英検リスニングPart4のインタビューのトレーニングにも効果的。
いや、私の課題は2次のスピーチだってわかってるけどさー

過去問にもやもやする。

Should the rich help the poor?

英検の2次過去問にあったなーと、エアコンの効き過ぎたタクシーの中でぼんやり考えていました。

確か、消費税を下げ、所得税率を上げる、貧しい人の可処分所得を高める、犯罪は貧困によつて引き起こされるので、貧困撲滅は社会全体、お金持ちにとっても益になる、みたいなものすごくつまんない回答を用意していたはずです。

私の乗るタクシーの周りには、ジプシーと呼ばれる、pick up truckに屋根をつけた、派手な装飾で有名な乗り物が何人ものフィリピン人を家へ、職場へと運んでいます。
一回あたり15ペソだったかな、40円くらい。
私を含め、日本からの出張者はそんな小さな額を持って来ないので、いつも100ペソ払います。お釣り来ない時のが多いけど。
私の会社の現地スタッフもジプシーを使って毎日通勤します。
エアコンもない、座席というよりただのベンチに1時間以上揺られて。 
とにかく派手。

f:id:coco-studies:20161129074725j:plain


それに、車両に数種類あるんです。中古車?かな。

週末を利用してセブに行って来ました。
プライベートなんですが、こちらの現地法人での仕事を頼まれたり、いくつかSkype英会話学校を見に行ったりして初日は終わってしまいました。
出張って呼ぶのやめてー
あくまでもプライベート、弾丸一人旅。

空港からセブ市に移動し、IT Parkを起点に動きます。

f:id:coco-studies:20161129074840j:plain


以前は金融関係のビルが多かったIT Parkにもタワーマンションが見られるように。

f:id:coco-studies:20161129074906j:plain


初めてセブに来た時の出張精算は1ペソ=1.5円で計算していましたが、今回は2.5円ほど。
以前は750円で食べられたパニーニが今では1,250円。

f:id:coco-studies:20161129074932j:plain


マニラ出張が多く、フィリピンは久しぶりではないと思っていたのですが、セブは3年ぶり。havesとhave-notsの差は広がるばかりのようです。
日本ではなかなか見ることのない「貧困」を目の当たりにし、やはり考えてしまいます。
今の私の経済力は、決して私の努力でも才能でもなく、ただの「運」だと。
日本という国に生まれて、その時点で私は人生というレースの半分は勝ったようなものじゃないかと。
今読んでいる本に、昔イギリス人はイギリス人として生まれただけで、人生というレースの勝者だと言っていた、とありました。
…でしょうね。
その一方で、Mrs. President は自分の生まれた環境に感謝して、と訴えました。

私は日本人として、女性として、それなりに虐げられたことがあるので、私の世界での立ち位置を相対的に考えることができます。
結婚という制度に私は苗字を奪われ、持病のためにローン組めないオットが「世帯主」となる、それが私の日常です。
オットのことは好きだけど、この結婚という制度には全くもって同意できるところがない。

一度も弱者になったことがない人って、自分がどれだけ恵まれているのか、ってわかっていない。
白人男性とか。
異性愛者でキリスト教だったら、今の世界で無敵だよね。
あ、次期アメリカ大統領のことか。
Should the rich help the poor?って、白人男性作った問題なの??
Helpしない理由はあるの??

今回泊まったのは、ここ。 
http://www.shangri-la.com/jp/mobile/cebu/mactanresort/

1泊の宿泊料は、現地法人スタッフの平均月収を軽ーく超えます。
ビーチでオレンジジンジャースムージー飲みながらまた考えてます。

f:id:coco-studies:20161129075314j:plain


Should the rich help the poor?

RichとかPoorって何でしょう。
私は決して裕福ではないけれど、このリゾートで出会った1人のスタッフが日本で働けるように、ビザスポンサーでもしたいとか思ってしまった。
リゾートに1人でいるのは珍しいのか、ビーチでだらだらする私を気にかけてくれて、氷水を運んでくれたり、どこからかシェードを持って来てくれたり。

As a manager, what do you look in an employee?
What makes someone good at the job?

インターン5日目なんだって。
春が来たら大学卒業で、このままこのリゾートで働きたいそう。
働くことについて教えて、ってしばらく話し込みました。
良いスタッフがいましたよ、って帰る時フロントで伝えるね、と言うと、いや、そんなつもりじゃないから…と照れています。
ここで謙遜してもだめだよ、使えるものは使うんだよ、そんな機会次あるかわからないんだから、ここでは、ありがとう、って言うんだよ、そして、10年後、20年後、あなたの番が来たら、誰かのために、あなたが持つパワーを使うんだよ、私もそうやってマネージャーになって来たんだよ。
10年後、マネージャーになっているあなたに会いに来るね、そう約束しました。
ここ気に入ったので、毎年来ようと思っているのは内緒です。

f:id:coco-studies:20161129075433j:plain

特別扱い。魚にあげる餌をもらいました。
あ、本名は言いづらいようで、スタッフの人たちにはCocoと呼ばれていました。

f:id:coco-studies:20161129075555j:plain

立っているだけで魚が寄って来るビーチ。
特別にくれた餌だから、お礼はしたいんだけど、でも、それは、相手が、あ、見下される、かわいそうに思われている、って感じる額のチップじゃない気がする。
Should the rich help the poor? ってさ、How can the rich help the poor?なんだよ、本当は。
セブ着いてから、ずっともやもやしてたけど、今わかったわー。

冬までの学習計画。

ルンバがお亡くなりになりました。


f:id:coco-studies:20161120070415j:plain

帰宅すると、ドックではなくリビングの真ん中で息絶えている日が数日続きました。

購入してから4年以上、毎日20畳以上、1時間かけて掃除してもらっています。

充分減価償却できました。

だって、私が毎日1時間以上掃除機かけるとか、無理だもの。

ルンバなら購入日から1200日、1日あたり100円弱。

私の人生の時給は@2,000円、私なら3分くらいしか掃除しないよ。


ルンバなしで共働き生活は成立しないので、買い換えることに。

買い物に行くなら走れるのは朝だけ。

昨日も4:30起きです。


f:id:coco-studies:20161120070602p:plain


5:00くらいは霧が酷くて視界が悪かった。国立の紅葉を楽しみに走りましたが、何も見えなかったよ。残念。


冬の英検受験までの学習計画。

と言っても、できることをできる時間に、で進めます。


(MP3音声無料DLつき)最短合格!  英検1級 英作文問題完全制覇

(MP3音声無料DLつき)最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇

走りながら聞いています。

内容的に「ん??」という箇所も少なくないので、そんな時は、How do you explain the trend...?と頭の中で反論してみます。

で、自分で答えを考えて…と、一人対話。

こういうことするから、「良い意味で変態」って言われるのかー。


Mastering the American Accent

Mastering the American Accent

これは自宅で声出せる時に。


SVLのレベル10以降、未修語彙をカードにする作業と多読。

これは語彙強化です。


この程度の学習で1月どのくらいの点数取れるのかなーと思って。

1月は、20キロ走と、できれば30キロ走したいから、勉強に充てる時間があまりないのです。

2月半ばから繁忙期を迎える私たちは1月が有給消化強化月間。

だったら長距離走りたいから。


昨日はのんびりLSDのはずが、終わったらビルドアップしてた。


f:id:coco-studies:20161121075629p:plain

最近のストレッチのおかげか、どこも痛くない。

疲れてもいない。


ランニングも英語の勉強も、どこかでbreakthrough があって、そして、そこを超えるとすごく楽になって。

でも、そのためには、「やって良かった」って終わり方を意識することが大切なんだー。

そしたらまた明日、って続けることができるので。

2016年第二回英検2次詳細。

2次試験詳細が届きました。

f:id:coco-studies:20161118180735j:plain


合計点は予想通りの32点。
でも、Speechが7点でInteractionが9点。
うーん、逆と思ってました。
Speechが持久力でInteractionは瞬発力なのかな。
2分話し続けられる力、と、問われていることを理解して、適切な応答をする力、みたいな。
私ならあのInteractionに9点はつけられないわー
会話にはなっていたけど、中身のなかったこと。
悩んだし、こう思うんだけど、でも迷うーって、自分の言ったこと取り消したり。
え、そういうのが評価対象なのか?

来年はスピーチのパフォーマンスを上げる。
目標がクリアになりました。
発音ももっと低くつけてくれて良いのに。
しばらくは音読と発音矯正。

冬は1次だけ受験して、2次を来年夏に受けることにします。
あーーーーー
社会人&東京だと、2次の日程が国連英検と重なっている。
2次は地方行くか、英検ことりっぷ。

2016年第ニ回英検2次結果。

合格しました。


f:id:coco-studies:20161115174643p:plain


前回より下がりました。

そして、合計点も。


f:id:coco-studies:20161115174728p:plain

Readingで55点落として、Writing で17点あげて、でも、Speakingが足りなくて。

前回と比較すると▲43。

語彙一問で解決する点数ではありますが、でも、WritingとSpeaking でもっと高いところに行きたかったなー。

3100点すら超えられなかった。

また来年の夏受験します。

あ、冬はスケジュール確認したら、2次が青梅マラソンと同日なので、受験見送ることになると思います。

うーん、1次受験して、過去最高点出せたら2次受験する?かも。


それにしても、私の課題は明らかだ。

会社で受験したBulatsでも、


f:id:coco-studies:20161115175339j:plain


去年の英検も


f:id:coco-studies:20161115175503j:plain


今年の英検も


f:id:coco-studies:20161115175538j:plain


こうして並べと一目瞭然。

課題は発音です。


Mastering the American Accent

Mastering the American Accent


しばらくはこのテキストで発音矯正です。

親子マラソンと早朝ランだん。

前日の雨とは打って変わって、快晴。

1.5キロの親子マラソンに参加しました。


f:id:coco-studies:20161113131101j:plain


お揃いのTシャツ、これができるのも最後かも。

息子はどんどん身長が伸びていて、このシャツも近いうちにサイズアウトだ。


f:id:coco-studies:20161113124407j:plain


スタート前、息子緊張してます。

歩いても、嘆いても良いから完走して、できた!という喜びを経験してもらいたいなーと、スタートはほとんど最後尾。

残り数十メートルになり、好きに走って良いよ、お母さんついていくから、と声をかけるとダッシュ。余力残っていたみたいです。

来年は、今年よりも速く走れるかな。


f:id:coco-studies:20161113124646j:plain


ダッシュしたり、のんびり走ったり、でこぼこペースですが、平均は7'33"。

7歳にしては立派な成績。

歩きたい、苦しい、と言いつつ、最後まで歩かなかった、今後の自信につながれば嬉しい。

1時間以上かけて、都民なのに埼玉のイベントに申し込んだ甲斐があるよ。

ゴールしてから、たくさん、たくさん褒めておきました。

私は褒めて伸ばす、がモットーです。


1.5キロでは今週のトレーニングには到底足りないので、今日は早朝ランへ。

4:30に起きて、30分床暖房の効いた部屋でストレッチ、5:00出発。

9キロのLSD


f:id:coco-studies:20161113130846p:plain


1時間以上走ってもまだ6:30。

早起き大好き。

もう少し早く起きれば、音読や発音トレーニングしてランニング始められるな。


先日の2次試験を振り返ると、今更ですが、あぁ、もっとできることあったなーと反省ばかり。

特に発音は自分でも注意しようと思っていたのに、あの空間に入って、舞い上がってしまって、こんなの私じゃない!みたいなパフォーマンスしかできなかった。

こんなんじゃ、発音高得点つけれないねー、って、試験官と同調していた。


あー、2次って叶わない恋に似ているかも。

話したいことはあるし、それをどう伝えたいか、も頭ではわかっているのに、その人を前にすると、全然予定通りに進まない。

そして後で猛省。

私はどうやってそんなこじらせまくった恋を終えて、日々穏やかに過ごせるオットとの恋を始めたんだろう。

2次克服は、そこにヒントがあるかもしれない。

英検対策 through 恋愛。